壊チャリ探訪〜放置自転車問題に一石を投じない旅

The following two tabs change content below.
モルワイデ五郎
文章を書くモルワイデと路上を観察する五郎からなるダンスボーカルユニット。日曜日は早く寝る。
モルワイデ五郎

最新記事 by モルワイデ五郎 (全て見る)

「放置」と聞いて連想する言葉、第1位は「放置プレイ」ですが、第2位は何でし…

「ピンポーン! 越後製菓!」

「残念!」

「ピンポーン! 放置自転車!」

「大正解! 放置自転車1年分プレゼントします!」

さて、令和になっても放置自転車問題は深刻だ。

だが、しかるべき機関でないと撤去できない現状。われわれは放置自転車の前ではまったくの無力である。

しかし嘆くばかりでは何も変わらない。微力ながらでもできることはないだろうか。

そうだ、世は路上観察戦国時代である。

写真に撮って収集すればいいのだ。
(世って言っちゃったけど、私の周り半径10mくらいかもしれん)

そういったいきさつで放置自転車の写真を撮り始めた。

ただ、放置自転車といってもほんとうに放置されているのか、ただ駐輪しているのか判断がつきにくいので、見た目で分かるように「壊れた放置自転車」という定義をもうけた。略してKHJである。いや、語呂がわるいので「壊チャリ(こわちゃり)」と呼ぶことにする。

放置は?

…とりあえず分類したので見てほしい。

欠損タイプ

自転車を構成する要素のなんらかが欠けているタイプである。

 

サドルがない。

誰かがサドルを盗むと、盗まれ人は他の自転車のサドルを盗む。さらに盗まれた人はまた他の自転車のサドルを…となるので地球上からサドルのない自転車が絶滅することはないのである。因果応報および輪廻転生。

 

比較的きれいなので、ただ駐輪していたらサドルを盗られた自転車かなと思いきや、2週間以上この状態だったので壊チャリに認定。おめでとう。

 

おっ、サトルがないぞ!しめしめ。と思って写真を撮ったら前カゴに入っていた。
え、壊チャリ収集家をはめるトラップ?

 

こちらはタイヤがないタイプ。

これぞ壊れた放置自転車と呼ぶにふさわしいだろう。ミスター壊チャリ。

しかしこういうのって、走っていて突然タイヤがはずれるの?

 

前輪がない​​が、チェーンは後輪につながっているのでウィリーすれば走れるぞ。​

ぜんぜん関係ないが、昔、友達数人と家で遊んでいて、帰るときにひとりの自転車の前輪が「し」の字くらい曲がっていて絶望的な表情になっていたのを思い出した。それをよそに「おい、ユリゲラーが来たぞ!」と大爆笑してしまったのは今思えば悪かった。N君、その節はすまんかった。

ほんとぜんぜん関係ないな。

 

前輪とサドルがないので立ちこぎでウィリーをすれば…

​​いや、もはや自転車の意味よ。

普通の自転車が壊チャリになる瞬間を見てみたい。セミが羽化するかのごとく感動的に違いない。

 

前カゴがむしり取られているが、見映えがアレなだけで運転は問題なくできる。ただし買い物帰りには不向きである。​​

 

こちらもカゴなし。

カゴがない理由って何? 盗られるの? 不慮の事故でもげるの?

破損タイプ

部品が​​なくなっては​いないけど、曲がったりして乗車不可なもの。

 

サドルが右斜め45度の方角を指している。​​

おもに男性にとってこの角度は危険である。

 

ハンドルが曲がってはいけない方向に曲がっている。

チョッパーにもほどがあるんじゃないか。

これがわざとなら、持ち主はとんでもないリーゼントじゃないかという勝手なイメージ。

 

​​完全に想像で言うけど、バレエの白鳥の湖ってこんな手の形で踊ってなかったっけ。

あった。(2段目くらい)
 

ゴミ入れタイプ

壊チャリのカゴにはゴミが入れられがち。

自転車自体もどうせゴミだからいいだろという理論か。

 

空缶を集めてる人かなと思ったけど、空缶を集めてる人は潰して集めるので違うな。これは空缶を入れられた放置自転車に間違いない。

これよく見たら壊れてないな。

 

放置バイクもメットインにゴミを詰められる運命。
 

バイク「おれだって盗まれて行き先も分からず走り出したかった人生…じゃなくバイク生だった」

もしくは盗まれて放置されたパターンかもしれない。

番外編

放置されてるけど壊れていないから壊チャリじゃないのか。はたまた次代を担う壊チャリ予備軍なのか。

​​

自然に飲み込まれる自転車。壊れてはなさそう。

 

客席にダイブするロックバンドのボーカル。

 

ゴミ捨て場に捨てられる自転車。自転車は燃えるゴミ?

最終形態

そこには概念としての自転車があった。

 

​焼き魚を食べたあとみたいな壊チャリ。

骨組みとはよく言ったものだ。

「これは何でしょう?」と問われれば、ギリギリ「自転車です」と答えられる。もしくは「かつて自転車だったもの」。

これはもはや自転車ではなく車輪である。ここからありし日の姿を想像するのは困難だ。

ただ、転がして遊べば20分くらいは時間をつぶせそう。

まとめ

​​とまあいろいろな壊チャリを観察し、おもしろがってきたが、壊れたから・いらなくなったからといって決して自転車を放置したり不法投棄してはいけない。

お姉さんとの約束だぞ。

まあ私はおじさんだけどな。

 


自転車を見たら壊れていないかチェックしてしまうクセがついてしまった。

スポンサーリンク
広告




広告




フォローする

スポンサーリンク
広告