日玉の曜を集めました

The following two tabs change content below.
パスカ
自由律俳句と路上観察の人です。私家版の自由律俳句集も発売中。

今回は僕の趣味の一つである「日玉(にちたま)の曜」を取り上げたいと思います。

例えば街中で、こういうのを見たことはないでしょうか。

曜日の曜の代わりに使われている、日と玉の漢字。

ご存じの方もいるかもしれませんが、これは曜の略字です。

この字は人の生活の中で生まれたものなので正式な漢字ではなく、スマホやパソコンの漢字変換では出てきません。

なので使う人が減っていけば、いずれ消滅する未来も想像に難くなく、そこに危機感を覚えた僕は見つけるごとに写真に収めてきました。

結果、大阪の下町にはまだまだたくさん残っていて、写真も集まってきたので、厳選してここにまとめたいと思います。

まずはノーマルな日玉

やはり多く見られるのはお店のシャッターですね。

ここは連休で1つだけ。

ここのは2つもあります。

シャッターに限らず、看板にも。

色付きなのが良いですね。

これは病院の立体文字。

テープで書かれた日玉。

手書きが多い日玉ですが、テープは珍しいです。

そして日玉だけでなく、他の略字・旧字などの異体字も一緒に使われている場合が稀にあり、それを見つけるとよりテンションが上がります。

複合型の日玉

日玉+間と関の略字。

こういうのも変換では出てこないので、手書きならではの良さですね。

日玉+第の略字。

日玉が曜日の曜なので、必然的に第との組み合わせも多いです。

これも第との組み合わせ。

日玉が3つも。

日玉+第の略字+間の略字。

第は若干消されちゃってますけど、略字が2つで日玉が4つはかなり大収穫ですね。

日玉+後の異体字「后」。

后は医院や診療所の看板などでよく見られます。

ここは日玉3つに后の赤黒2つ。

日玉1つに后2つ。

色がある方は消えかかってます。

日玉3つに后2つ。

赤と青の組み合わせが多いですね。

ここは但しが伹しになっていて、日玉よりも気になります。

次は日玉に話題を戻して、バージョン違いの日玉を。

バージョン違いの日玉

日玉のバージョン違いで多いのが、この旺。

点がないパターンですね。

手書きでもよく見られます。

旺は旺盛や旺文社とかに使われているので、混同しやすかったのかも。

もしくは、画数が少ないから楽だったのかも。

次は、点の位置が高いパターン。

𫞂と旺には文字コードがありますがコレにはなく、手書きでしか存在しないので珍しいです。

これは点の位置が更に高いです。

これも点の位置が高く、しかも第の略字までありました。

手書きじゃないところは普通に曜なのも面白いですね。

これはちょうど真ん中に点があるタイプ。

これは上が真ん中に点、下がやや上に点という非常に珍しい一枚。

どこに点を書いても大丈夫って漢字は他に無いと思います。

そしてラストは、𡈽!

玉というより土の異体字のような気がしますが、これで何となく成立してるのが凄い!

――という感じで、以上になります。

今後も一つでも多くの日玉を見つけられるよう、目を光らせていきたいと思います。

(終)

The following two tabs change content below.
パスカ
自由律俳句と路上観察の人です。私家版の自由律俳句集も発売中。
スポンサーリンク
広告




広告




フォローする

スポンサーリンク
広告