あらゆるところに夏が落ちてる

The following two tabs change content below.
もーす

もーす

工場勤務のお兄さん。絵を描くのが好きです。

世間はもうすっかり夏。でも僕はまだ梅雨のイメージから抜け出せていない気がした。

8月4日、暇なので名古屋まで遊びに行く。ついでに夏を探してみよう。

足りてない夏を補うことができたら、そのムードを短い文にまとめてみよう。

日記のような、俳句のような、誰かに向けた報告のような。

家から最寄り駅まで歩いていく、田舎道

転がったセミを大回りでよける

 

スポーツデポの袋に入ったままの海パン

線路沿いのアサガオ野生か誰かが植えたのか

 

トンボ飛んで田んぼの上まで

 

団扇を持ってきて正解だった

 

行きの電車、乗客、窓から見える景色

稲、稲、サギ、稲

夏休みの電車で座れるはずもなく

 

サンダルの季節に明らかになる彼女のペディキュアのセンス

 

クーラーの首振りがもう少しのところで僕に届かない

 

電車の中にいた蛾は終点でもおりなかった

 

名古屋の街

 

薄着よりも厚いコスプレ衣装を選ぶ人たち

 

山下達郎が無性に聴きたくなる

 

テナント募集の空間にもクーラーの風

 

なぜ君は灰色のTシャツを着てきてしまったんだ

 

本屋なのに涼しくないなんて

 

暑い日も熱いラーメンが食べたい

 

帰りの電車、また歩いて帰り道、ただいま

大きな飴かと思ったら小さな扇風機だった

 

かわいそうなぐらい虫の死骸がついた自動販売機

 

ここのグリーンカーテンはヘチマじゃなくてゴーヤ

 

セミが騒げば無縁仏も寂しくない

 

カラオケ教室から聞こえるリバーサイドホテル

 

水風呂入って冷しゃぶの気分

 

神棚を見るような目でエアコンを見る

 

花火がなって思い出す駅で見た浴衣姿

<おわり>

スポンサーリンク
広告




広告




フォローする

スポンサーリンク
広告